父親ならば、誰しもがのちのちツルッパゲたくないとおもうことがあると思います。ぼくもそうです。ぼくの場合は男が40年代前ぐらいから髪が薄くなり始め、50年代をすぎた今はつむじの程度からツルッパゲ始めています。ぼくも昔から毛量が多い方ではありませんでした。ぼくの場合は男がハゲているし、自分ものちのちオジサンとしてハゲて生じるんだろうな〜くらいに思っていました。但し最近になって真剣にツルッパゲにおいて苦しむようになってきました。
ある日のミッドナイト、常にお風呂に入り髪を洗っていてシャンプーをシャワーで流そうってふっと腕をみると、髪の毛が指に沢山か絡み付いていました。その時はそれだけ思いにしなかったのですが、お風呂上りに髪を乾かしていると正に昔よりも毛量が短くなった思いがしました。そうしたらぼくは髪を接するたびにもうハゲてくるのではないかって心配するようになりました。
まだまだ24年代ですが、予防しておいてマイナスはないと思い最近はツルッパゲ防止をはじめました。では生活を立てることです。ぼくは明方まで端末をしていることが多かったのですが、最近は年月日が変わる前には布団に入ってじっくり睡眠をとるようにしています。ごはんも脂を取りすぎないようにし、野菜やくだものをじっと摂取してプロポーションが偏らないようにしています。そうして、金字塔気を遣っているのがシャンプーだ。今までは様々泡立てればその分不衛生が落ちてスカルプに好ましいものだと思っていました。ただしビューティー室でふさわしいシャンプーの仕打ちを聴き、家でもその方法を実践しています。その方法は、シャンプーの前にお湯で思う存分スカルプの汚れを落とすということです。ある程度の不衛生はシャンプーを置きなくてもお湯できちんと流しながすことによってきれいになるそうです。シャンプーもロジカルなもので、髪に皆目の害がないわけではないので極力少量で済ませられるように、シャンプー前の湯シャンが生のようです。
髪はなくなってから生やすことは難しいので、今の髪の毛を大切にしスカルプ条件が悪化しないようにこれからも気をつけていこうとしています痛みをやわらげる