ボクがこれまでの一生のうちで最良太っていた時期は30年齢位の内だ。身長174センチについてウェイトはせめて77キロはあったと思います。何時の間にか食っちゃ寝ライフが慣習化していたので、自分の太り具合に気付かないとおり自堕落な慣習を続けていました。

あんなボクがとあるイベントをきっかけにダイエットに臨み、約15週で14キロという痩身に成功したのです。
そのトリガーとなったイベントは、中学校時代に密かに恋心を抱いていた奥様という再会した事です。卒業後十数年ぶりに会った彼氏の第一声が「太った?」だったのにはヘコみました。特に自堕落なライフの果ての結果なので自業自得と言えばそれまでですが。

ともあれ、古くバイタリティを抱いていたヒューマンにキツいワンポイントを浴びせられた事が、ボクにとりましてライフを見直す契機となったのです。
浴室の鏡に見える肥えに肥えた自分のボディを見て、「このままじゃ夫として無茶になってしまう」という危機感を感じ取り、ダイエットを決意したというわけです。

ボクの選んだダイエット産物はジョギングだ。さほど定型ですね。そもそもボクは取る事が好きなので、痩身のみのダイエット産物は断念すると思ったからです。
それに、食事制限だけだとボディは絶対にしまりません。かつては陸上部に附属し常々強い練習を通していたので、その事は承知していました。

久方ぶりに走ってみるとボディが思うように動きません。1キロ駆けるだけでもバテてしまいました。
「こんなことでは点が思いやられるな」という懸念も感じましたが、でも足腰に憂慮を描けない程度のゆるゆるなペースでジョギングは続けました。サイクルとしては週間に4日ぐらいでしたね。xn--x1y7e225b.biz

その糧となったのは、昔再会した化の奥様の有だ。「いつか彼氏に出会う時はお洒落身だしなみで」という感情がいつのまにかボクの目標になっていました。片思いパワーって商品でしょうね。

最初のうちは2キロから3キロだけでもしんどかったですが、走り回る度合にボディがもうすぐ慣れてゆき、気付いたらインプレッション寸法が6キロ、7キロって伸びて、2カ月後者あたりには10キロをも走れるみたいなっていました。やはりそっちによってウェイトも順調に落ち、15週の後には63キロまで減ったのです。

ダイエットはきらびやか成功しました。ボディも良い感じに絞れてある。
ただ肝心の彼氏との再会はまだ果たせていませんがね。